NEW!
Fundamental リファレンスメインアンプ
MA10 誕生
メーカー希望小売価格/1台 800,000円(税別)、864,000円(税込)
2台 1,600,000円(税別)、1,728,000円(税込)






2015.12.13

Fundamental リファレンスプリアンプ LA10の発売から、約2年と7ヶ月。
ついにLA10と対になるリファレンスパワーアンプMA10が発売になりました。
もう出ないのかと諦めていたのですが、鈴木氏も諦めずに頑張っていた様ですばらしいアンプに仕上がっています。
鈴木氏も、ある意味NEC時代のA-10Xを作った時やPHILIPSのLHH-A700を作った時の様に、
原点回帰で、今やれることを総てやったパワーアンプに仕上がったと言っています。
本領発揮は2台のBTLですが、シングル(一台でのRCAステレオ入力)でも、このクラストップのS/Nと音のニュアンスの細かさを誇ります。
何分価格も高いアンプなので、LA10をお持ちの方には、まずは一台からでも初めていただきたいアンプです。

 

もちろんBTLでは、FundamentalのRM10はもちろんですが、DYNAUDIOのTemptation、ConfidenceC1Platinumが、店頭で、静けさを保ちながらダイナミックに鳴っています。
本気の鈴木サウンドです。

下記、鈴木氏本人より直接書いていただきました。

「MA10は自分たちでもイメージした以上の領域に到達した自信作です。あらゆるスピーカーで、まさに音楽そのものを採れたて鮮度100%でリスナーにお届けできる新次元のアンプです。システムや環境に係わらずお試しください。
発売までに時間がかかってしまったのは、将来にわたって同じ内容・クオリティで製作し続けるための部品の選択や確保のためでした。必要な半導体やCRパーツもサービス・修理用も含め膨大な数量を確保しました(生産終了でもう手にはいらない部品もあります).
ステレオアンプとして1台から始めていただいたお客様が、5年後にもう1台購入してモノラル化を図っても、2台の違いはエージングだけと言える内容です。安心してご購入ください。ともかくこのアンプが通用しなかったら会社をたたむ覚悟ですので(笑)」


さて吉田苑的にも、100万未満では、Nmode、SOULNOTEのプリメインがありますが、それ以上はSpectralに対抗するセパレートのセットがなかったのですがこれで揃いました。
更なる音のイメージは、スタッフコラムに順次掲載いたしますが、本当の音は、店頭にてお客様ご自身でご確認いただければと思います。

MA10の技術詳細です。

1.高S/N比を実現するシンプル動作のNon-NFB電圧増幅部

電圧増幅部は、ラインアンプ「LA10」で培った超広帯域・高S/N比のディスクリート高速電流バッファーアンプに、新開発超高精度カレントミラー回路を組み合わせ、抵抗2本の比率だけでゲイン(増幅度)が決定するシンプルな動作の一段増幅回路を構成しています。
オーバーオールのNFBなしで高精度かつ高S/N比を実現し、アンプトータルとしての平均残留雑音は9μV(STREO使用時 Aカーブ補正)以下という静けさです。
音楽そのものだけでなく、録音環境や背景までも描き出します。

2.強力な駆動力と広帯域を誇る3段ダーリントン電流増幅段

電流増幅段は、広帯域バイポーラトランジスターによる3段ダーリントン出力段を構成しています。
最終弾も特製の揃った高速トランジスターを採用し、シングルプッシュプルでありながら、MONO使用で240W/4Ω、STREOで120Wx2(2Ω)という強力な駆動力と、DC〜2MHz(+0,−1.0dB MONO 8Ω1W出力時)という超広帯域を両立しています。
音楽の持つダイナミックレンジ、静と動の対比、躍動すべてを表出させます。

3.さまざまな安定性を確保したDCアンプ構成

電流バッファー部やカレントミラー回路、バイアス回路など各所でトランジスターの熱結合を図り、完全DCカップリングながら、入力時のDC変動を極小にし、高い安定性を得ています。

4.出力リレーに接点やコイルの入らない音質劣化皆無の新開発プロテクト回路

安定度の高いNon-NFBアンプ構成の恩恵で出力部には発信防止コイルも必要としないほか、通常必要悪として存在する、出力に直列に挿入されるプロテクトリレーも取り去りました。
スピーカーやアンプの出力半導体を守るプロテクト回路は、カレントミラーの定電流回路部分にリレーを挿入し、DCオフセットの増大や、発振、出力ショートによる過電流などの不慮のトラブル時には電流増幅段のバイアスを枯らし、カットオフすることにより出力を停止する新しいプロテクト回路を開発いたしました。事実上音質劣化のない、実質の駆動力を高める画期的なプロテクターです。

 

5.更に進化したアイソレーテッド・ストレスフリーシャーシ

瞬間的に大電流を要求されるメインアンプでは、エネルギー源の電源トランスはアンプ部分い近接したいものです。しかしトランスの増幅部に与える悪影響、とりわけ振動は排除したい・・・・
この矛盾する二つのテーマを解決するために、LA10以来のストレスフリーシャーシをさらに進化させました。
トランスブロックが搭載されるベースシャーシと、アンプブロックが固定されるシャーシをアイソレートし、それぞれがスパイクピンにて接地し、強靭なサイドビーム(パネル)でのみ最小限の接点で連結されるという構造を取りました。
強靭な一体のシャーシでありながら振動モードは個別となり、トランスを共存させるデメリットを最小限としています。
放熱用のヒートシンクも、アルミインゴットから削りだしたフィン鳴きのないチムニー型を採用。熱容量が大きく、効率の良い放熱を行い、安定したサウンドに一役買っています。

  アイソレーテッド・ストレスフリーシャーシ
底から見たところです。
左がトランスブロック、右がアンプブロックとトランスとアンプ部がアイソレートされる構造を取っています。

6.1KVA大容量トランスと±20,000μFのハイスピードケミコン採用の強力電源部

巻線の精度上のMAXである1kVAの大容量リングコアトロイダルトランスを採用。
ファーストリカバリーダイオードによる整流と、1,000μFのカスタムスリーブレスコンデンサーを、±各20個ずつ並列接続したケミコンブロックにて、強靭かつハイスピードなパワーサプライを構成しています。
給電及びグランドリターンは、構造体としても活用しているアルミ削り出しバスバーにて最短かつ低インピーダンスで結線しています。

7.XLR(モノラルアンプ)/RCA(ステレオアンプ)のいずれでも活躍

スピーカーの結線方法と合わせ、MONO(XLR)/STREO(RCA)のいずれでも使用可能です。

8.取り付けビスにもおよぶ徹底した非磁性化

アルミ材を使用した各シャーシパネルはもとより、パネルを接続するビスや、端子等の取り付けビスも新規起工のカスタムアルミビスを採用。ステンレス材のスパイク脚や、基盤を支えるアルミ製スタッドに至るまで徹底した非磁性化を図り、磁気歪を排除した高S/N比の構造体としています。

9.1台1台が手作りのカスタムメイド(受注生産)

「MA10」はお客様から受注をいただいてからの1台ずつのカスタムメイドです。
ハンダ材料も最善の選択をし、自動装着挿入やハンダディップを使用しない丁寧な手ハンダで仕上げます。
組立・調整・測定に至るまですべて鈴木氏一人の手で行われ、責任の証であるサインを施して出荷いたします。
まさに一台入魂の作品として、末永くご愛用いただきたいと考えます。

 

Specifications

最大出力: 8Ω MONO/150W  
          STREO/40Wx2
        4Ω MONO/240W  
          STREO/75Wx2
        2Ω MONO/― 
          STREO/120Wx2
周波数特製: DC〜2MHz(+0、−1dB MONO 8Ω 1W)
全高調波歪率: 0.07%(75W/8Ω MONO)
          0.04%(20W/8Ω STREO)
残留ノイズ: ≦18μV(MONO 入力ショート IHF-A)
         ≦9μV(STREO 入力ショート IHF-A)
S/N比: 124dB(MONO 8Ω IHF-A)
ゲイン:  22.5dB
入力インピーダンス: 20kΩ(MONO)
              10kΩ(STEREO)
電源電圧: AC100V 50/60Hz
消費電力: 270W(J60065)
        60W(アイドリング時)
最大外形寸法: 320(W)x152(H)x350(D)mm
質量: 17.8kg