Excite X14(画像右)
定価 172,800円(ペア/税込)
Excite X34(画像中)
定価 378,000円(ペア/税込)
Excite X38(画像左)
定価 507,600円(ペア/税込)
Excite X24C(画像下)
定価 118,800円(税込)
色: ウォールナット / ローズウッド/サテンブラック/サテンホワイト

2013.10.25

 DYNAUDIOのExciteの新シリーズが登場しました。
前回のシリーズでは、2ウェイのブックシェルフモデルが、X12とX16の2モデルありましたが、
今回はX16のサイズが無くなり、旧モデルのX12と同サイズのX14のみに2ウェイブックシェルフは絞られています。
価格もX12の120,000円(税別)価格より、円安の影響もあるのでしょうが、約2割のアップとなっています。
トールボーイのX34とX36は、旧ラインナップの延長線上で、こちらもやや値上げされています。

 外観ですが、FOCUSシリーズ同様にウォールナット色が追加されました。
木目調は、従来のローズウッドはありますが、メープルが無くなり、新たにサテンブラック、サテンホワイト追加となっています。
光沢仕上げがありませんので、この辺がFOCUSとの差別化になっています。

 当社として興味があるのは、X14とX34です。X38は近い価格帯に完成度の高いFOCUS260がありますので、
やはりFOCUS110、Excite X12完了後のこのサイズを埋める X14にはかなり期待を持っています。
今回は、先に入荷いたしましたX14をX12と比較しながら、音と中身を比較してみました。

左が旧ExciteのX12、
右が新ExciteのX14(サテンブラック仕上げ)

 まずは、X14とX12のユニットの比較です。
ユニットの外観は、ウーファー、ツィーターともほぼ同じで、構造も同じですが、ウーファーユニットのインピーダンスが変わっています。
X12が4Ωだったのに対して、X14では6Ω(ウーファー)になっています。

左が旧ExciteのX12、
右が新ExciteのX14(サテンブラック仕上げ)

見た目同じに見えるが、インピーダンスは違う。


キャビネットはX12と同等品、仕上げの違いのみです。
ネットワークは変わって、X14では部品点数も増えています。
ウーファーのインピーダンスを上げ、能率を下げ、それに合わせてツィーターの方の能率も調整しているようです。
高域補正も入っていますので、X12よりも少し複雑なネットワークになっています。

今度は左が新ExciteのX14(サテンブラック仕上げ)、右が旧ExciteのX12

X14では端子盤が大きくなった。
この部分は鳴きやすいのでマイナス点だが、
ターミナルも変わっていて、ターミナルは結線しやすく使いやすくなった。

トータルのインピーダンス/能率もX12の4Ω/86dBからX14では8Ω/82dBですから、同じボリュームで比較するとX12よりも音量は小さくなります。鳴らしやすくなったかと言うと微妙なところですが、高域補正も入り、より小音量に特化したスピーカーになっています。
 ぱっと聴き、高域の出方は、割と上級モデルに近くなり分解能は高く聴こえます。
音量を上げると、X12よりも明瞭で多少派手な印象になります。
 X12同様、空間表現の良さ、レスポンスの良さは引き継いでいます。
試聴室で試聴していますので、一般的な使用だともう少し低域の量も増えるでしょうし、少し豊かな鳴り方にはなるかと思いますので、このサイズのスピーカーの使用方法としては、より実生活に溶け込めるチューングに仕上げているようです。
小音量で、ハイクオリティに使いたい方には、良い仕上がりではないでしょうか。