ELAC 新240LINE

BS243BE

2WAYバスレフ
定価 194,400(税込/ペア)
FS247BE

2.5WAYバスレフ
定価 324,000(税込/ペア)
FS248BE

3.5WAYバスレフ
定価 486,000(税込/ペア)
FS249BE

3WAYバスレフ
定価 712,800(税込/ペア)
ELAC 240シリーズがモデルチェンジとなりました。

見た目のデザインは旧ラインナップと大きな違いはありません。
今回ツィーターユニットは前回紹介した310IBに搭載されたユニットに変更されて
ウーファーユニットもブラック・アノダイズ(アルマイト処理)されています。

ネットワークのコイルに、240シリーズでは一部限定モデルで採用されたコイルを全機種に標準搭載となりました。


一見マイナーチェンジとも思えますが、音質は大幅に進化しています。
前作では膨らみがちな低音も、影を潜めタイトな低音
高域の伸びもあり、低域、中域、高域の音のつながりも上手くシンクロしています。
位相特性が良くなったので鮮度感、実在感が向上し高いリアリティを獲得しています。
この変貌ぶり兄貴分の310も310CE→310IBでも驚いたのですが
旧モデルとスピーカーユニットは基本的に同じでありながら、音はガラリと良い方向に変貌している。
スピーカーはつくづくユニットだけでは音は良くならないと改めて感じさせられました。

吉田苑はDYNAUDIO FOCUS110無きいま、15〜20万のお薦めスピーカーがありませんでしたがBS243BEは十分その代わりを務める事が出来るでしょう。

また、通常ブックシェルフとフロアスタンディング(トールボーイ)を持つスピーカーラインナップだと、2ユニットブックシェルフから3ユニットフロアスタンディングモデルを価格比較すると
ブックシェルフから2〜3倍の値付けがされるフロアスタンディングモデルが多いですが
BS243BEと比較してFS247BEは約1.6倍の値付けは中々お買い得かもしれません。